ヒアルロン酸注射が保険適用される場合について

現在、ヒアルロン酸は多くの化粧品に含まれています。 ヒアルロン酸は、もともと人間の体に存在していますが、幼少期をピークに減少します。 ヒアルロン酸は、軟骨や目、脳、間接液などに多く含まれており、生活する上で必要不可欠です。

ヒアルロン酸が足りなくなると皮膚がたるんだり、関節に痛みが出たりします。 この対策としてヒアルロン酸注射で足りない分を補うことができます。 肌のハリやたるみを改善するための美容に関するヒアルロン酸注射には、保険は適用されません。

しかし、膝などの関節痛の治療目的ならば、ヒアルロン酸注射は保険適用の対象です。 膝などの痛みは年齢を問わず悩まされるもので、変形性関節症の場合には、炎症によってヒアルロン酸が分解されます。

また、ヒアルロン酸が減少すると骨と軟骨がすり減ることで、負担がかかり炎症を引き起こします。 ヒアルロン酸注射によって、直接関節にヒアルロン酸が補充され、弾力性などが回復します。