豊胸手術はヒアルロン酸注射

豊胸手術には様々な種類があり、大きく分けて脂肪注入、シリコンバック、ヒアルロン酸注射の3種類があります。

脂肪注入は自分の体から採取するので、不要な部分の脂肪が除去でき、一石二鳥の方法です。 しかも感触が自然で、傷が小さくて済むメリットがあります。 しかし脂肪がない場合は行うことができず、脂肪量が少ない場合はボリュームアップにも限界があります。

シリコンバックは豊胸手術のうち大幅なボリュームアップができ、体に吸収されないため結果が安定しています。 さらに取り出すことも可能です。 しかし、傷が大きく術後の痛みが強いため、体への負担が大きく、不自然な感じが否めません。

ヒアルロン酸注射は傷が小さく、量を自由に設定でき、必要な時は溶解できます。 ダウンタイムが短く、経費が安いのもメリットです。 しかも脂肪注入法と同じく、注入量を調整できるので、左右の乳房の違いを目立たせなくするのにも有効です。 しかしやがて体に吸収されるので、追加注入の必要があります。